イベント情報

イベント情報EVENT

Homeイベントパッシブデザインワークショップ2022 前期

参加受付中

パッシブデザインワークショップ2022 前期 in オンライン

2022年5月24日(火)~8月30日(火)

パッシブデザインスキルを最短ルートで手に入れたいあなたにオススメしたい、全4回の勉強会。
パッシブデザインの実質的な設計手法を、基礎から実践までていねいに解説し、実際のプランニングの順序や方法などを、ワークショップ形式で学びます。

パッシブデザインの全体像を、最新事例を交えながらわかりやすく解説し、
自社の図面をパッシブデザインフローに基づいて見直し、修正していくので
自社仕様や自身の理解度に合わせて学ぶことができ、明日から実践できるようになります。

2022年4月に発売された「パッシブデザイン・プランニングガイドブック」を新たにテキストに加え、内容をリニューアル。より深く、実践に近い内容を学ぶことができます。

 

<ポイント>
・ご自身の図面でパッシブデザインを学べます。
・次の日からパッシブデザインを実践できます。
・復習や、自社全体の知識向上にもお役立ていただけます。
・実務経験豊かな講師陣が、より実践的な情報もお伝えします。
・2022年4月に発売された「パッシブデザイン・プランニングガイドブック」の解説も行います。

 

<参加特典>
4回通しで参加された希望者には、修了証を発行。

日程① 5月24日(火)
② 6月21日(火)
③ 7月26日(火)
④ 8月30日(木)
時間13:30~18:00
参加費[正会員・団体会員]
①~④セット 22,000円
①のみ 6,300円
②のみ 6,300円
③④のみ 12,500円

[一般]
①~④セット 42,000円
①のみ 12,600円
②のみ 12,600円
③④のみ 25,000円

※上記の参加費はテキスト代を含みません。
テキストをお持ちでない方は、別途購入が必要です。
テキストカリキュラム1~4:「パッシブデザイン講義」(3,170円)
カリキュラム2~4:「パッシブデザイン・テクニカルガイドブック」(2,870円)
※お持ちでない方はお申込時に購入が必要です。(お届けは初回参加日の直前になります)
※上記テキスト代は、パッシブデザインワークショップ参加者特別価格です。
注意事項/ご案内・①~④セット申込者を優先して受け入れます。また、通しでご参加頂いた方の中で希望者には修了証をお出し致します。
・③・④はセットでの受講となります。
・視聴人数分のお申込みが必要となります。
定員20名
講師①③④:辻裕介
(Forward to 1985 energy life 代表理事)
②坂崎 有祐
( 有建築設計舎 代表)
配信方法インターネット会議システムzoomを使用します。
申込締切各開催日の4営業日前
ご案内PDFフライヤー(PDF)はこちら

カリキュラム

  • 1

    パッシブデザインの全体像をつかむ


    テキスト「パッシブデザイン講義」を基に、パッシブデザインに必要となる基礎知識や情報を学びます。カリキュラム2~4の 基礎となります。
    使用テキスト:「パッシブデザイン講義」
  • 2

    敷地の日照から考えるプランニング手法を学ぶ


    日照シミュレーションを使い、周辺環境の日影から見た敷地の読み解き方を学び、ゾーニングを行います。 (日照シミュレーションソフトを配布・使い方から学びます)
    使用テキスト:「パッシブデザイン講義」・「パッシブデザイン・プランニングガイドブック」
  • 3

    自社物件を基にパッシブデザインを演習する ①


    「パッシブデザイン講義」「パッシブデザイン・プランニングガイドブック」の内容に沿って自社物件の図面を見直し、室温・年間暖冷房負荷 目標に到達できるよう修正します。カリキュラム3と4の2回で完結。
    使用テキスト:「パッシブデザイン講義」・「パッシブデザイン・プランニングガイドブック」
  • 4

    自社物件を基にパッシブデザインを演習する ②


    カリキュラム3に続き、自社物件の図面をパッシブデザインの側面から見直し、修正を図ります。自社の仕様や計画図を用いて演習するので理解がしやすく、明日から使えるスキルが身に付くと好評です。
    使用テキスト:「パッシブデザイン講義」・「パッシブデザイン・プランニングガイドブック」
PAGE TOP